現代の科学・技術は、素粒子から生命体に至るまで、あるいは個人から社会全体に至るまで、さま ざまな階層における基礎的な現象、応用に関わる事柄を対象にしている。そして、対象とすべき現象・事柄は、科学・技術の発展にともなって増加の一途をたどっている。

この講義では、われわれの身の回りの全ての現象・事柄の根源にある「物質」をキーワードとして、物質の起源を探る学問分野、物質の性質を 明らかにする学問分野、物質を工学的に利用する学問分野を繋いで、「物質の科学」を貫く学術の流れを解説する。この講義によって、学生が現代の「物質の科学」の全体像を掴み、さらには、前期課程で学んでいる授業科目の重要性や位置付けを再考し、将来の勉学に向けて展望を得ることができればよいと考えている。

各講義概要 第1回 – 第13回

小柴 昌俊 「物質はどのように創られたのか」

東京大学特別栄誉教授・ノーベル物理学賞受賞

大きなスケールを追い続ける宇宙物理学と、逆に小さなスケールを追い求める素粒子物理学は、結局、同じ目的である“万物の究極理論”に迫りつつある。すでに自然界のすべての元素が何処でどのように創られたかも解っている。第1回の講義では全般的なこと、特に「ニュートリノ」と呼ばれる素粒子がどんな役割をはたしているのかについて解説する。

第1回

10月17日(月) 素粒子と宇宙

佐藤 勝彦 「物質の生い立ち -素粒子、原子、宇宙-」

東京大学大学院理学系研究科物理学専攻 教授

物質の生い立ちという観点から、素粒子から宇宙全体に至る物質の階層構造と運動法則、またそ の物質が運動する舞台としての時空、さらに物質と時空の起源、進化について解説する。

第2回

10月24日(月) 私たちは物質世界をどのように認識してきたか-物質の階層構造-

第3回

10月31日(月) 物質世界はどのように運動するのか-物理法則-

第4回

11月7日(月) 時空-物質の演舞の舞台-

第5回

11月14日(月) 宇宙の創生、進化-統一的自然観をめざして-


家 泰弘 「物質の性質」

東京大学物性研究所 教授

物質の性質という観点から、さまざまな物質がさまざまな物理状態のもとで示す諸性質と、その基礎にある物理メカニズムとの関連を解説する。


第6回

11月21日(月) 物性物理学とは何をする学問か

第7回

11月28日(月) 量子力学と人工構造物質-ハイテクと先端物理-

第8回

12月5日(月) 原子を操る・量子を操る-ナノサイエンスと量子情報-

第9回

12月12日(月) 多様な物質・多様な物性

小宮山 宏「物質を作り使う」

東京大学総長

質の持つ性質は、それ自身簡単に使えるものではない。特に実際の用途に供するためには実験室 内と異なる物質生成のプロセスが必要である。自己組織化などを用いるプロセスを紹介し、物性 ・プロセス・応用を考える。

第10回

12月19日(月) 物性-プロセス-応用 「金属」

第11回

1月16日(月) 物性-プロセス-応用 「半導体」

第12回

1月23日(月) 物性-プロセス-応用 「ソフトマター」

第13回

1月30日(月) 地球環境を維持するためのプロセスと応用