English Page

画像をクリックすると拡大します

2017年Sセメスター

地球と社会の未来を拓く

コーディネータ:武内和彦(国際高等研究所サステイナビリティ学連携研究機構)
ナビゲータ:松田浩敬(大学院新領域創成科学研究科)
  • その他
この講義をUtokyo OCWで表示する

2015年に国際連合が採択した持続可能な開発目標(SDGs)を2030年までに達成することは、国際社会に課せられた包括的で重要な課題である。人間活動が地球の限界を超えようとしているいま、いかに地球の許容範囲内で豊かな人間社会を築きあげていくのかが問われている。この学術俯瞰講義では、次世代を担う学生諸君と一緒に、世界、アジア、日本に注目しながら、社会・文化、教育、エネルギー、地域経済、健康などに焦点をあて、サステイナビリティ学の視点から、地球と地域の持続可能な未来を切り拓く長期的な道筋を考えていきたい。

持続可能な開発目標の達成が持続可能な未来を拓く

武内和彦(国際高等研究所サステイナビリティ学連携研究機構)

地球環境変動が未来社会に及ぼす影響

福士謙介(国際高等研究所サスティナビリティ学連携研究機構)

サステナブルな建築と都市の環境

大岡龍三(生産技術研究所)

アジアにおける持続可能な開発のための教育

北村友人(教育学部)

社会・文化の側面から見たアジアのサステイナビリティ学

古田元夫(国際高等研究所サステイナビリティ学連携研究機構、日越大学学長)

日本が世界のサステイナビリティに貢献できること

味埜 俊(大学院新領域創成科学研究科)

地域再生における再生可能エネルギーの活用

櫛屋勝巳(国際高等研究所サステイナビリティ学連携研究機構、昭和シェル石油株式会社)

地域社会のサステイナビリティ

松田浩敬(大学院新領域創成科学研究科特任准教授)

社会変動と人間のサステイナビリティ

関山牧子(大学院新領域創成科学研究科)

Pagetop